▼登録無料!友達も恋人もここで出会える♪▼

付き合わない方がいい相手



恋してしまうとなかなか思うように感情をコントロールできなくなりがちです。惚れたら負け、とよく聞きますが本当にそうですね。

ただし、負けとはいっても付き合ったら不幸になるだけの人だっているわけです。特に恋愛関係だと相手からの影響は計り知れません。そんな人を好きになってしまわないように、「こういうタイプの相手だけは避けよう!」というポイントについて紹介していきます。

付き合わない方がいい相手 その1 「自分勝手な人」


これは基本ですね。相手のことを考えられない人といても幸せになれるはずがありません。恋人の段階ならいい経験で済むかもしれませんが、結婚するとなると絶対に避けたい相手です。自分勝手な人といると振り回されますし、自分のしたいこともできずストレスが溜まるだけでなく魅力もなくなっていってしまうでしょう。あなたらしさを大事にしてくれる相手じゃないなら付き合わないようにしたいですね。

付き合わない方がいい相手 その2 「ネガティブな部分で共感できる人」


人間、自然と似た者同士が集まるようにできています。学生時代だとクラス内でいくつかのグループに分かれると思います。このグループも性格や趣味、考え方などが似通った人同士で集まるものです。

これは恋愛でも一緒。気になる異性に惹かれている理由がポジティブなものならいいんですが、「特定の人が嫌いで言い合っているうちに仲良くなった」などだと不幸に向かってまっしぐらです。まあ自分も同じレベルだからこそそういう人を引き寄せてしまうんですが、幸せなお付き合いにしたいなら自分のことを棚上げしてでも付き合わないことが肝心です。もちろん自分のレベルアップは必須ですけどね。完璧な人間なんていませんし、なにかしらネガティブな面はもっているはず。でもネガティブな部分で共感できてもいいことありません。

たとえば女子会に集まるメンバーが彼氏いない、できない人ばかりなら、参加するのは今すぐやめるべきです。どのみちあーだこーだと男性や彼氏持ち女性の悪口を言い合ってなんとなく楽しい雰囲気になるだけ。嘘の予定でもでっちあげて断りましょう。

幸せになるには付き合う人は選ばなければいけません。「何かに向かって頑張っている」などポジティブな部分で共感できる相手とお付き合いしていきましょう。

付き合わない方がいい相手 その3 「欲が抑えられない相手」


その相手といると食べ過ぎてしまう、ルールを破りがちになる、お金遣いが荒くなる、など悪影響を受けるなら付き合いは避けるべきです。何かを得るには欲望も大事ですが、コントロールできないほど助長されてしまうようではいいことはありません。自分のリズムを崩されてしまう相手は避けましょう。

詐欺師や有能な営業マンなんかは欲望を刺激するのが上手です。そういう人ほど見抜けないんですけどね・・・。

付き合わない方がいい相手 その4 「ネガティブな人」


何事もマイナスに受け取ってしまう人、愚痴などが多い人とは距離をとりましょう。ネガティブはネガティブを引き寄せます。暗い表情をしていればいい人はよってきませんし、悪い人が利用しようとよってきやすくなるだけです。また自分を幸せにできない人は他人も幸せにできません。そういう人のそばにいるとそれだけで疲れてしまいます。パワーを吸い取られるんですね。絶対に避けたい相手です。

付き合わない方がいい相手 その5 「ダメならダメと言わない相手」


Yesマンは一緒にいて気分良くなるかもしれませんが、ダメなところも教えてくれないので成長できません。なんでも受け入れてしまう、許してしまう人は優しい人ではありません。単に嫌われたくないからやってるだけです。

特に付き合うとなると二人っきりの時間も多くなります。影響を受けやすくなるだけに付き合う前にふるいにかけたいところです。


付き合わない方がいい相手 まとめ


付き合ってるだけならまだ取りかえしもつきますが、結婚なんてしてしまったら人生に大きな悪影響を受けてしまいますからね。誰しも幸せになりたいはず。幸せになりたいから付き合うはずです。付き合わない方がいい相手を見極め、しっかり選び、人生を豊かなものにしたいですね。

ただ似た者同士が集まるもの。まずは自分のレベル向上が先決ですね。そうすればレベルに応じた人に出会えるようになるはずです。