▼登録無料!友達も恋人もここで出会える♪▼

いい恋愛をするには



異性と付き合っていくとき絶対に起こる問題が「信じる」「疑う」の2つです。騙したり騙されたりするトラブルも増えている現代、心に傷を負ってしまい幸せな恋愛だできない女性も多くなっているようです。


人を信じられない人


他人を簡単に信じられない人は、過去のトラウマや家庭環境が影響していることが多く、簡単に変われません。そのため他人と距離をとってしまって、恋愛になかなか発展できないパターンに陥ります。仮に素敵な男性と出会い告白されても、「うまくいくはずない」「裏があるんじゃないか」と考えてしまいがち。でも恋をするには信じてみないと始まりません。ありきたりな言葉ですが、前に一歩踏み出すしかありません。

疑うのは悪いこと?


悪いイメージになりがちな疑うこと。ポジティブに言えば冷静になって客観的に判断していることとも言えます。自分を守るために疑うことは大事なことです。悪いことなんだ、とネガティブに思いすぎないことが大切です。

信じすぎるのは危険?


他人をすぐ信じてしまうなら、純粋で優しい人かもしれません。悪いことじゃないので気にしすぎる必要はありませんが、得てして疑うことに嫌悪感を抱きがち。良し悪しをきちんと判断すること、ダメなことはダメと言える勇気が必要になってきます。

人助け依存症


実際そういう言葉はありませんが、相談に乗っていた男性となんだかんだで付き合ってしまう、そんな女性は他人を救うことに依存している傾向があります。人に尽くせることは素晴らしいことですが、それではなかなかいい恋愛にはならないでしょう。過去付き合ってきた男性と付き合うきっかけが救済から始まっているかどうか一度振り返ってみることをおすすめします。そして人助けばかりでなく自分の救済に目を向けてみましょう。


いい恋愛をするためには相手を信じることも大切ですが、疑うことも同じくらい大切です。どちらかだけに偏ると素敵な恋愛関係にはなりにくいでしょう。もし上で紹介したポイントに当てはまっているなら、ちょっとづつ変わるアクションを起こしましょう。すぐに変われる人なんていません。ものすごく地道な一歩一歩が大切にし、自分と向き合い恋愛相手はきちんと選ぶことからはじめましょう!