▼登録無料!友達も恋人もここで出会える♪▼

女性を満足させる簡単なエスコート術



エスコートと聞くとどんなイメージがありますか?
おそらく「面倒そう」「周囲の目が気になってできない」「恥ずかしい」と思う男性が多いんじゃないでしょうか。ニッポン男児は特にこういうことが苦手ですね。だからといって「周りの男もやってないんだし俺もしなくていいか」となっては女性を満足させることなんてできません。なんだかんだいっても女性はお姫様扱いされることに対して心の何処かで憧れがあるものです。でも逆にエスコートできたら一気に周囲に差をつけられると思いませんか?そして女性側もエスコートに慣れてないため好印象を与えやすんです。これはむしろチャンス!ぜひエスコート術をおぼえてライバルたちに差をつけてしまいましょう!

そこでここでは簡単にできるエスコート術を紹介していきます。映画俳優がやるような大げさなものではないので今から早速実践あるのみ!


重いものを持ってあげる


結構定番ですが、あくまで重い物、持つのが大変そうなものを持ってあげます。頼れる男性像をみせてあげましょう。大変じゃないものなんて「持つよ」と言われても気が引けてしまいますし、断られるだけです。

大丈夫?と聞く


エアコンが効いてる室内なら「寒くない?」、デートで1日歩きっぱなしだったりヒールだったりしたら「足大丈夫?」など気にかけてあげましょう。

ドアを開けてあげる


これができてる男性は以外と少ないんですよね。先にドアを開けて笑顔で「どうぞ」。これだけなので意識していれば簡単にできるはずです。

アウターなどを持ってあげる


女性のほうがなにかも持ってるもの(バッグなど)が多いものです。そこでストールを巻く、靴を履くときなどに「持つよ」と言ってあげましょう。デート中ずっと持ち続けるわけじゃありません。あくまでそのちょっとした一瞬だけです。

良い席に座らせる


デートで食事する機会は必ずと言っていいくらいあるはず。そこでテーブルにつくときはその場で最上級の席に座らせてあげるようにしましょう。景色がよく見える席なら最適ですね。そういうお店でない場合でも、窮屈じゃない席、綺麗な席などいろいろ条件はあるものです。椅子を引いてあげるレベルのことはしなくても大丈夫。その場で一番いい席を選び一言「ここ景色キレイだよ」など付け加えてあげましょう。


どうでしたでしょうか?どれもハードルは低いエスコート術ばかりだと思います。ただこれを気になる女性だけにやってそれ以外はしないようではあなたのイメージが悪くなります。最初はサラッとできないかもしれませんが、意識してつづけていけば自然に身につくものです。ぜひ今度から積極的に実践していきましょう!