▼登録無料!友達も恋人もここで出会える♪▼

プロポーズのタイミング

人生を決めるプロポーズ。失敗してもいっか♪と軽い気持ちでする人はいないはず。そんな大切なプロポーズの成功率はできるだけ挙げておきたいものです。そこでここでは相手女性がイエス!と答えてくれやすいタイミングについて紹介していきます。



成功率の高いプロポーズのタイミング5選


女性は誰だって心の奥底では素敵なプロポーズに憧れているものです。おばあちゃんになって思い出してもドキドキできる、そんなプロポーズなら間違いなくOKしてくれるでしょうし夫婦仲も円満になりやすいでしょう。でも最悪のタイミングだと関係が終わることだってあります。ではどんなタイミングがいいのでしょうか。それは結婚したいと思った時。当たり前すぎる答えでしたか?でもこれは事実なんです。そこで女性が結婚したくなる=OKしてもらいやすいプロポーズのタイミングについて5つ紹介。なぜおすすめなのか?についても解説しています。


知人友人が結婚したとき


友達の結婚式でキレイなウェディングドレス姿をみると結婚熱が高まる女性は多いです。どうしたってドレスを着ている自分を想像してしまいます。また女性は男性より他人と比べて考える思考回路を持っているため周囲の人、この場合だと友達の幸せそうな姿をみせられることで自分もそうなりたいと考えがちなのです。もし友達の結婚話を降ってきたなら大きなチャンスと言えるでしょう。しっかり話を聞いてさらに結婚願望を煽ってからプロポーズあるのみです。


仕事でのトラブル、不満がたまっているとき


仕事のストレスが溜まりすぎていたり、失敗やトラブルを起こしてしまったり。そんなときは仕事から離れたくなりやすい状況。また私は会社にとって必要ない存在かもしれない・・・、という不安な心理状態になります。そしてどこか自分を必要としてくれる、安心できる場所を求めることになるんです。あまりポジティブなタイミングとはいえませんが、プロポーズするなら大きなチャンスです。こういう状態のときに頼れる男に思われていたなら高確率でOKがもらえるでしょう。


おひとりさまに不安を感じたとき


仕事バリバリで1人で生きていける女性だと結婚は仕事の障害みたいに思っていることも少なくありません。ですがずっと1人で生活していて年をとった自分を認識すると「今のままでいいんだろうか?」と不安を感じる時があるものです。1人で生きると言っても一緒に遊ぶ友達も結婚すれば時間は自由になりませんし、話も旦那や子供のことになったり。話しについていけない、面白く感じなくなったりします。すると孤独感がしだいに膨れ上がっていき寂しく感じるものです。どんな人でも1人では”楽しく”生きていけません。そう感じた時がプロポーズのタイミングに最適です。


年を感じ始めたとき


10代20代前半くらいは遊びたい!まだまだ私はイケる!など結婚願望も低い状態。しかし年をとるに連れ焦りも出始めますし、肌のハリなど見た目的な若さも衰え周りの男性からちやほやされることも減っていきます。こういう現実を認識し始めたときは結婚願望が高まるタイミング。アラサーあたりになると周囲の結婚率も高くなり、年も感じ始めるため急激に強まっていきます。ここもプロポーズ成功確率の高いタイミングといえます。


出産適齢期の限界が迫っているとき


本人の思いどうこうではなく現実的にどうしようもないリミットが出産適齢期。やはり結婚となると子供を欲しがるもの。この年齢になるまで結婚できなかった、というネガティブなイメージがあるため女性にとって非常に厳しい状況です。もし付き合ってる相手がこの年齢層なら大きなチャンスでしょう。仮に子供嫌いだとしても実際に可愛らしい子どもと触れ合う機会があったとき家族への願望が高まりやすいです。



相手女性の年齢が若いなら当てはまらないことも多いと思いますが、友達の結婚や仕事の失敗で落ち込んでいるときなどは比較的なりやすいシチュエーションです。もしプロポーズを考えているなら、自分の感情に流されるだけでなく、こういったOKをもらいやすいタイミングを意識していくと幸せな結果を得やすくなるでしょう。