▼登録無料!友達も恋人もここで出会える♪▼

女性の褒め方に気をつけよう



女性との仲良くなるための会話術に「褒める」ことがあります。でも何をどう褒めるかによっては逆効果になることも。女性のコンプレックスを刺激してしまったら最悪です。

基本的に男と女は思考回路が違うもの。そこで面倒くさいと思うようでは上手く付き合っていくことは困難です。女性側にも配慮が必要ですが今回は置いておくとして、女性を褒める時のポイントについてここでは解説していきます。


女性を褒める時、ヘタに触れないほうがいいところ


自分ではちゃんと褒めたはずなのに女性が突然不機嫌になったことってありませんか?
これはなぜでしょう。
原因は嫌な思いをさせたから。

褒めたのになんで?!って思うかもしれません。でも事実機嫌は悪いわけです。
ではどこが嫌だったのか?
それは、コンプレックスを化粧品などでごまかしている部分を褒めた可能性が高いです。

たとえば、普段一重で目が小さいことを気にしている女性がアイプチなどで二重まぶたに見せていたとしましょう。男性ならその努力を褒められたら喜ぶはず。でも女性はホントの自分ではない、メイクなどでウソを付いているところを褒められているわけです。そのためウソ付いてることを褒められたようなものなので素直に喜べません。

女性はメイクに時間を掛けますよね。その中でも目には人一倍気合を入れています。化粧品の種類も目に関するものは非常に多いです。それだけに嘘の塊とも言えるパーツなのです。

というわけで、女性を褒めるとき「目」には絶対に触れないようにしましょう。すっぴんならいいんですけどね。

褒める場所はここ!


ではどんな部分を褒めていくのが安全確実なのか?について。

まずはコンプレックスでないところを褒めましょう。自信があるところともいえますね。
たとえば美容院に頻繁に行ってて常に髪型バッチリならきっと自信ありなんです。その髪型似合ってるね!かわいいね!と褒めてあげましょう。あまりウダウダ長く言わないものポイントです。スパっと簡潔に褒めましょう。

肌がキレイ、唇かわいいなども喜ぶ人は喜びますが、(ただしイケメンに限る)となりがちですし、逆にキモがられる可能性もあるので、よほど自信がありそうな時以外は避けたいポイント。

あと、誰に対しても有効なのは笑顔を褒めること。これならよほど言い回しが変でなければ喜んでくれるでしょう。