▼登録無料!友達も恋人もここで出会える♪▼

いい人を演じる男性は嫌われる?



恋愛がうまくいかない男性のパターンはいろいろありますが、中でも「いい人ぶっている男性」はせっかくの出会いを発展させづらいですし嫌われやすいです。いい人を演じてしまうのは「嫌われたくない」「優しい方が女性に好かれる」などと思っていることが多いでしょう。でも本音を言わない=嘘つきとなるパターンもありえます。

そこでここでは「いい人を演じてしまう男性」の特徴や嫌われるワケについてまとめてみました。


いい人演技はバレやすい


友達が相談してきた時に当たり障りないよう上辺だけの返事をしていたり、嫌なことがあっても見て見ぬふりをしたりしていませんか?トラブルを起こして嫌われたくないと思う人もいると思いますが、本心と違うことをしていると大抵は何かしら表にでてしまうものです。表情やしぐさなど本人の気づいていないところで表面化しているものです。その場は上手くやり過ごせたと思っていても、相手は「適当に対応された」「裏がありそう」と感じているかもしれません。そうなってしまったらいい人どころか信頼を失い、最悪嫌われてしまうでしょう。

また相手が気になる女性だった場合、自分のしっかりした意見も言えないようでは頼りがいを感じませんし恋愛関係には発展しにくいでしょう。当たり障りないやりとりだとパッと見いい人そうに思えます。でもそれだけでは恋は芽生えませんし、優しさだけでは好きにはなってくれないでしょう。しかもそれが演技ではなおさらです。

やはり頼れる男、自信を感じられる男性に女性は惹かれます。本音や自分の考えをぶつけるとトラブルが発生しがちですが、それくらい解決できないようでは先に勧めません。


いい人止まりで終わらないためには?


自信を身につけること。いい人を演じてきた人には簡単ではありませんが、自信は男らしさを生み出す最大のポイントです。

そのためにはちょっとした経験をたくさん積み上げていくことからはじめましょう。いろんな人に会う、いろんな場所へ行く、など体験を重ね経験を積んでいけば自信はついていくものです。人間だれしもやり始めは不安もあります。そして新しいことをすれば失敗します。でも今のままではいい人を演じ続けることになるんです。そのほうが暗い未来が待っていると思いませんか。

また、人間嘘偽りばかりで本音をぶつけ合わなければ一歩踏み込んだ仲にはなれないものです。これは女性に対しても同様です。心の距離を縮めなければその出会いが恋愛に発展することもありえません。

まずは変わること、変わりたいと思うことからはじめましょう。そして新しいことにチャレンジしたなら自分を褒めること、認めてあげることが大切です。自分が自分を信じてあげれば「自信」は増えていくはずです。